(平成29年4月 国際アート&デザイン
専門学校より校名変更予定)

ART and DESIGN 国際アート&デザイン大学校

オープンキャンパス次回開催日

2017

4月

15

土曜日

詳しくはコチラから

学費サポート制度

※学費融資制度【C】および母子家庭・父子家庭奨学金制度との併用はできません。

区分 高等学校新規卒業生 高等学校新規卒業生以外
目的 人物的に優れ、かつ家計の事情により学業を営むことが困難と認められる方に対して、無利子で貸与し卒業後の返済により、就学の便宜を図るものです。
貸与金額 年額30万円 年額42万円
貸与方法 入学後、入学年次は8月、進級時は3月に貸与。貸与者との現金の授受はなく、経理上の処理を行います。
利率/定員 無利子/200名 無利子/50名
申込資格 ●平成29年3月高等学校卒業見込みの者 ●平成29年3月高等学校卒業見込みの者以外
経済的に就学が困難な方で、奨学生としての態度、行動を忘れずに学業に励む者。
申込時期 入学願書提出時(必要書類を出願用封筒に同封してお申込みください。)
必要書類 ●FSGカレッジリーグ無利子奨学制度【A】申込書(募集要項[H])
●就学者を除く生計を一にする家族全員分の所得証明書(市町村役場発行のものに限る)
※高等学校新規卒業生以外の方は本人の所得証明書も必要となります。
※祖父母の方などの分は、年金収入も含めての所得証明書が必要となります。
※就学者以外の方で無所得の方も証明書が必要(所得証明書または非課税証明書)となります。
返済 卒業後最長5年での返済となります。詳細は、別途規定します。※途中退学の場合、退学後1ヶ月以内に一括返済となります。
審査方法 入学試験時の書類審査、面接および所得額等を基準に審査します。

クリックすると拡大できます。

提携会社 オリエントコーポレーション セディナ ジャックス
融資額 10万円以上最高500万円 4万円以上最高500万円 20万円以上最高500万円
利率 年3.5%(固定利率/平成28年2月29日現在)
返済 リボ払いのため毎月最低分割支払金額の定めあり。
据置期間含め最長12年2ヶ月、卒業後8年2ヶ月以内
元本据置期間含め最長120回 元本据置期間含め最長120回
保証人 不要
申込方法 所定の申し込みが必要です。本校入学相談室までお問い合わせください。

クリックすると拡大できます。

※無利子奨学制度【A】および母子家庭・父子家庭奨学金制度との併用はできません。

目的 諸事情などで、銀行・金融機関の学費ローンの借り入れが厳しい方の為に学校法人を保証人として融資を受けられる制度です。
貸与金額 学校納付金全額(学費、その他一部諸経費など含む)を限度とする学費。※総額500万円を限度として1千円単位。
利率 年率3.9%(固定利率/平成28年3月2日現在)
申込資格 経済的に就学が困難な方。各種教育ローンの融資を受けられない方。奨学生としての態度・行動を忘れずに学業に励む方。
申込方法・書類 詳しくは、FSGカレッジリーグ各校事務局までお問合せください。
返済 元利均等返済。ボーナス時の返済併用可。返済期間は申込時、学校にご相談ください。
在学期間中は、元本返済据え置き可。
審査方法 入学試験の書類審査、面接および奨学金の申込書により審査します。

※なお、この奨学制度についてご不明な点がございましたらFSG校事務局にお問合せください。カレッジリーグ各校事務局にお問合せください。

クリックすると拡大できます。

※無利子奨学制度【A】および学費奨学融資制度【C】との併用はできません。

目的 母子家庭の母、及び父子家庭の父に養育される方がFSGカレッジリーグの専門学校に入学を希望される際、ご家庭の経済状況から学費の準備が厳しい場合に、入学時に発生する一時的な費用負担を軽減することを目的とします。
貸与金額 入学確定後に納入する必要のある入学手続金について、学校法人が貸与します。
学校法人と入学者の間で、上記金額相当の借用証書を取り交わし、経理上の処理を行います。対象者との現金の授受はありません。
利率 無利子
申込資格 入学時の4月1日において満20歳以下(婚姻しているものを除く)であって、FSGカレッジリーグの専門学校に入学する方で、家計の事情により入学時手続金を準備することが困難な方。
奨学生としての態度・行動を忘れずに学業に励む方。
必要書類 入学願書に以下の書類をそえてご提出下さい。
①母子・父子奨学制度申込書(各学校までお問い合わせください。郵送いたします。)
②戸籍謄本 ③所得証明書
条件 申込時に戸籍謄本を提出していただき、母子家庭または父子家庭であることを確認させていただきます。
返済 卒業後最長5年での返済となります。詳細は、別途規定します。途中退学の場合、退学後1ヶ月以内に一括返済となります。
審査方法 書類審査、保護者・連帯保証人同席による面接および所得額等を基準に審査します。

※なお、この奨学制度についてご不明な点がございましたらFSGカレッジリーグ各校事務局にお問合せください。

クリックすると拡大できます。

出願者が下記の対象に該当する場合は、入学選考料または入学金等の免除が受けられます。
(紹介者及び被紹介者ともに全日制課程学科である場合に限ります。)
※出願時に所定の「紹介書」の提出が必要となります。「紹介書」をご希望の方は出願予定のFSGカレッジリーグ各校事務局にお問い合わせください。

対象 免除額
親族がFSGカレッジリーグいずれかの学校に在学または卒業されている方 入学選考料全額給付(免除)
家族(兄弟姉妹や保護者)がFSGカレッジリーグいずれかの学校を卒業されている方 入学選考料全額、入学金全額給付(免除)
家族(兄弟姉妹)がFSGカレッジリーグいずれかの学校に在学されていて入学後同時在学となる方 入学選考料全額、入学金全額、1年次前期授業料半額給付(免除)
兄弟姉妹(双子含む)が同時にFSGカレッジリーグいずれかの学校に入学される方 入学選考料全額、入学金半額、1年次前期授業料半額給付(免除)

クリックすると拡大できます。

※「家族」とは、2親等内の血族、配偶者、2親等内の姻族をいいます。 ※「親族」とは、左記「家族」除く6親等内の血族、3親等内の姻族をいいます。

対象金額 入学手続き時納入金からの学費すべて
※入学手続き時納入金から分納制度を利用する場合は、頭金として50,000円入金の上、日本学生支援機構の予約採用者であり、さらに入学時特別増額貸与予定者であること
事務手数料 学費管理費として年間15,000円(税別)が必要となります。
申込資格 原則日本学生支援機構予約採用者、または日本学生支援機構の申込予定者で分納希望者。
申込方法 詳しくは、FSGカレッジリーグ各校事務局までお問い合わせください。
支払い方法 「毎月均等払い」はたは「ボーナス併用払い」を選択。※各学年ごとに完納。
口座振替にて毎月12日(営業日、土日、祝日に当たる場合は翌日)に振替予定。
中途退学の場合、残金を一括でお支払いとなります。
滞納対応 1ヶ月滞納:学生、保証人あてに督促案内。
2ヶ月滞納:分納制度のご利用が停止となり、一括請求になります。
3ヶ月滞納:除籍処分となり、試験や実習を受けることができません。(進級・卒業ができなくなります。)
また、それぞれの学年の1月末において未納がある場合には進級・卒業ができません。

クリックすると拡大できます。

日本学生支援機構奨学金制度

日本学生支援機構奨学金制度

FSGカレッジリーグは、日本学生支援機構奨学金制度適用校となっておりますので、ご希望の方はご活用ください。

日本学生支援機構の奨学金は、貸与奨学金で経済的理由により就学が困難である優れた学生に対し貸与されます。奨学金貸与終了後は、返還の義務が生じ、毎月決められた金額を返還していただくことになります。
申し込みの際は、家庭の経済状況やあなたの人生・生活設計に基づき、十分考慮の上でお申込みをしてください。

予約採用(FSGカレッジリーグ各校入学前)

事前予約制度 事前予約制度 日本学生支援機構では、高校3年生を対象に4~5月頃、奨学金の予約制度を実施しています。高校3年時に申込みをし貸与決定となった場合、FSGカレッジリーグ各校入学時に「大学等奨学生採用候補者決定通知」を提出することによって貸与が受けられますので高校在学中に申し込まれることをおすすめいたします。詳しくは、ご自分の高校にお問い合わせください。

在学採用(FSGカレッジリーグ各校入学後)

第一種奨学金 (無利子貸与) 第二種奨学金 (有利子貸与 年3%上限)
申込先 FSGカレッジリーグ各校
申込資格 日本学生支援機構で定められている基準を満たす者。
これまでに専修学校(専門課程)の奨学金を借りたことのある人は、申し込むことができない場合や借りられる期間(貸与終期)が制限される場合があります。また、外国籍のはFSGカレッジリーグ各校に相談してください。その他、詳しくはFSGカレッジリーグ各校の奨学金担当者までお問い合せください。
募集時期 春(例年5月)
学力基準 1年次 ①高等学校最終2カ年または専修学校高等課程最終2カ年の成績が3.2以上
②高等学校卒業程度認定試験もしくは大学入学資格検定合格者で、上記①に準ずると在学する学校長から認められる人
①出身学校または在籍する学校における成績が平均水準以上と認められる人
②特定の分野で特に優れた資質能力を有すると認められる人
③学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる人
④高等学校卒業程度認定試験合格者で、上記のいずれかに準ずると認められる人
2年次以上 ③本人の属する学科の上位1/3以内の人
家計基準
(目安)
日本学生支援機構で定められている以下の家計基準(目安)以下であること。
進学形態 給与所得 給与所得以外 給与所得 給与所得以外
4人 自 宅 801万円 369万円 1,144万円 712万円
自宅外 846万円 414万円 1,189万円 757万円
<収入に関する提出書類>
●給与所得者……源泉徴収票
●給与所得以外…確定申告書(控)
※税務署の受付印のない場合は、所得証明書も提出してください。
※その他の提出書類については学校の指示に従ってください。
※父・母それぞれ提出。所得が無い場合でも、非課税証明書が必要となります。

クリックすると拡大できます。

入学時特別増額貸与 入学時特別増額貸与 ●日本政策金融公庫「国の教育ローン」を申込んで貸与を受けることができなかった方が対象となります。
●貸与額は10万円、20万円、30万円、40万円、50万円から選択できます。
●入学時特別増額貸与だけを受け取ることはできません。
●貸与金利は基本月額に係る利率に0.2%上乗せされます。

貸与金額・返済について(2年制課程の例) ※詳細は、ご自分の高校または、進学予定校までお問い合わせください。

区分 第一種奨学金 第二種奨学金(24回貸与例)月額3・5・8・10・12万円から選択できます。
※返済総額利率実績3%で貸与されたものとして計算しています。
自宅・
自宅外通学
自宅通学 自宅外通学
貸与月額 30,000円 53,000円 60,000円 30,000円 50,000円 80,000円 100,000円 120,000円
貸与総額 720,000円 1,272,000円 1,440,000円 720,000円 1,200,000円 1,920,000円 2,400,000円 2,880,000円
返還総額 720,000円 1,272,000円 1,440,000円 833,004円 1,448,002円 2,349,227円 3,018,568円 3,672,102円
返済回数目安 108回(9年) 144回(12年) 156回(13年) 108回(9年) 144回(12年) 156回(13年) 180回(15年) 192回(16年)
月賦金額目安 6,666円 8,833円 9,230円 7,713円 10,055円 15,059円 16,769円 19,125円

クリックすると拡大できます。

所得連動返還型無利子奨励金 所得連動返還型無利子奨励金 家計状況の厳しい世帯の学生・生徒を対象として、奨学金の貸与を受けた本人が、卒業後に一定の収入を得るまでの間は願い出により返還期間を猶予する。

国の教育ローン(日本政策金融公庫)

国の教育ローン(日本政策金融公庫)

専門学校などに進学する人の保護者や本人に融資されます。「教育一般貸付」「郵貯貸付」があり、それぞれ条件は違いますが、銀行などの進学ローンよりも利率が低く、年2.05%の固定金利(平成28年2月10日現在)です。融資対象となるのは、入学金や学費はもちろんのこと、次のような費用も対象となります。
※その他、学費ローンについては各金融機関へお問い合わせください。

用途 ●学校納付金(入学金、授業料など)
●受験にかかった費用(受験料、交通費、宿泊費) 
●アパート、マンションの敷金、家賃など
●教科書代、教材費、パソコン購入費、通学費用、学生の修学旅行費用、国民年金保険料など ※今後1年間に必要となる費用がご融資の対象となります。
融資 学生・生徒お1人につき350万円以内
融資利率 年2.05%の固定金利(平成28年2月10日現在)(母子家庭または世帯年収200万円(所得122万円)以内の方は年1.65%)
融資対象 ●本校に入学・在学される方の保護者で、
次表の年間収入(所得)以内の方。
 世帯の年度収入(所得)には、世帯主のほか、配偶者等の収入(所得)も含まれます。

 

●世帯の年間収入が990万円(所得770万円)以内であって、次の特例要件のいずれかに該当する方。
 【特例条件】
⑴勤続(営業)年数が3年未満 
⑵居住年数が1年未満 
⑶返済負担金(借入申込人の借入年間返済額/年収)が30%超
       ⑷借入申込人またはその配偶者が単身赴任 
⑸ご親族などに要介護(要支援)認定を受けている方がおり、その介護に関する費用を負担
       ⑹ご親族などに高額療養費制度または難病患者等に対する医療費の公的助成制度を利用している方がおり、その療養に関する費用を負担
返済期間 15年以内(交通遺児家庭、母子家庭または世帯年収200万円(所得122万円)以内の方は18年以内)
保証人 (公財)教育資金融資保証基金の保証または連帯保証人
返済方法 ◎毎月元利均等返済 ◎元金据置可 ◎ボーナス月割増返済(ご融資額の2分の1以内)可
必要書類 借入申込書・所得証明書・住民票・使途証明書・在学証明書・本人確認のできる書類
取扱期間 一年を通して常時可能。
入学費用は合格前に申込可能
申込先
  • ●日本政策金融公庫 国民生活事業(0570-008-656)の各支店(全国152店舗)
  • ●インターネット
  • ●最寄りの金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協、漁協)でもお取り扱いしています。

※据置期間/在学期間以内で元金のご返済を据置くこと。利息のみのご返済ができます。

用途 用途 ●子が修学するために必要な経費
貸付限度額 貸付限度額 就学資金
自宅通学:月額53,000~79,500円
自宅外通学:月額60,000~90,000円
修学支度資金:40,600~590,000円(※学校に応じて)
利率 無利子
申込資格 母子家庭の母が扶養する者。
父母のいない者。
寡婦が扶養する者。
申込方法 県保健福祉事務所及び市福祉事務所、町村役場で受け付けを行っております。
償還期間 卒業後10年以内
据置期間:卒業後6ヶ月間

その他公的な奨学金・民間団体の奨学金制度もありますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

その他公的な奨学金・民間団体の奨学金制度もありますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

  • 学費サポートプラン
  • FSG学費支援制度
  • JACCS提携教育ローン「Weddy」
PAGETOP