ART and DESIGN 国際アート&デザイン大学校

  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • オープンキャンパス
  • 資料請求
  • メニュー

A&D

業界直結カリキュラムで
現場力を身につける!!

A&Dの学びの場は無限に広がります。
キャンパス内での知識や技術の習得だけではなく、
地域の企業や団体、官公庁とコラボレーションする「産学官連携プロジェクト」によって、
より実践的にデザイン・イラスト・CG・アニメなどの作品制作やライブイベント運営に携わります。
こうしたキャリアを在学中から積み重ねることによって得難い「現場力」を身につけることができます。
さらにプロとしての心構えやコミュニケーション能力など、社会人として必要不可欠なスキルを高めることもできます。
業界直結カリキュラムが充実したA&Dで、
「自分の好きなコト」を必ず「仕事」にしよう。

主な連携先/●文部科学省 ●市町村 ●県選挙管理委員会 ●商工会議所 ●アニメーション制作会社 ●Web制作会社 ●ゲーム制作会社 ●コンサートホール ●ライブハウス ●音響設営会社 ●専門商社 ●総合広告会社 ●イラスト出版社 ●広告代理店 ●プロスポーツチーム ●ショッピングモール ●和菓子専門店 ●野菜農園 ほか

+ 実績一覧を見る

平成27年度 産学官連携プロジェクト実績一覧

学科 企業・イベント
内容
3月 コミックイラスト科 福島ガイナックス春の文化祭
運営補助、似顔絵ブース
コミックイラスト科 福島ファイヤーボンズ
似顔絵ブース
コミックイラスト科 K-west
似顔絵ブース
4月 コミックイラスト科 ペットカーニバル
ペット似顔絵ブース
コミックイラスト科 ヨークベニマル桑名店
イベントディスプレイ制作
音響・ミュージック科 松山千春コンサート
設営・運営補助
ペット総合科 ペットカーニバル
グルーミングブース
5月 グラフィックデザイン科 すかがわ国際短編映画祭
オープニングムービー制作
コミックイラスト科 ブリティッシュヒルズ
似顔絵ブース
コミックイラスト科 ヨークベニマル桑名店
似顔絵ブース
コミックイラスト科 ガイナックスこどもの日
運営補助・似顔絵ブース
コミックイラスト科 第50回郡山市こどもまつり
運営補助
コミックイラスト科 すかがわ国際短編映画祭
運営補助
コミックイラスト科 S-PAL郡山
作品展示
コミックイラスト科 日本アニメフェスティバル
作品制作
コミックイラスト科 郡山采女伝説砂像アート姉妹都市物産展
似顔絵ブース
マンガクリエイト科 郡山自動車学校イベント
似顔絵ブース
音響・ミュージック科 オリビア・ニュートン・ジョンコンサート
音響・設営補助
声優科 こども祭りサッカー教室
場内アナウンス担当
6月 グラフィックデザイン科 大黒屋ルバーブゼリー
パッケージデザイン制作
イラストレーション科 syozo
ディスプレイ制作
コミックイラスト科 アティ郡山
作品展示
コミックイラスト科 ヨークベニマル桑名店
イベントディスプレイ制作・似顔絵ブース
コミックイラスト科 NOEVAハッピービューティフェスタ
似顔絵ブース
音響・ミュージック科 ご当地キャラこども夢フェスタinしらかわ
がくとくんバンドのギター
音響・ミュージック科 平原綾香コンサート
音響・設営補助
声優科 個人依頼
披露宴ムービーナレーション
7月 コミックイラスト科 元気応援!!郡山わくわくフェスタ
似顔絵ブース
コミックイラスト科 夢くらイベント
似顔絵ブース
コミックイラスト科 ヨークベニマル新小原田店
似顔絵ブース
コミックイラスト科 ブリティッシュヒルズ
似顔絵ブース
マンガクリエイト科 二瀬地域公民館サマースクール
運営補助
声優科 なりきり声優講座
運営補助
声優科 ABCマツモト
TVCM出演
8月 イラストレーション科
コミックイラスト科
マンガクリエイト科
福島県選挙管理委員会
ご当地めいすいくん制作
コミックイラスト科 久米賞・百合子賞作文コンテス
ポスター制作
コミックイラスト科 アピオフェスティバル
似顔絵ブース
コミックイラスト科 ADVENTURES
作品展示
マンガクリエイト科 伊達ふるさと夏まつり
似顔絵ブース
マンガクリエイト科 二瀬地域公民館夏祭り
フェイスペイントブース・出前授業
マンガクリエイト科 塙町夏祭り
フェイスペイントブース
音響・ミュージック科 喜多方発21世紀シアターイベント
設営補助
音響・ミュージック科 郡山うねめまつり
がくとくんバンドのギター
ペット総合科 災害救助犬育成実習
デモンストレーション訓練
9月 イラストレーション科
マンガクリエイト科
郡山自然の家オープンデー
似顔絵ブース
イラストレーション科
マンガクリエイト科
ゼノアック ペットへの感謝の手紙
作品制作
コミックイラスト科 ヨークベニマル桑名店
イベントディスプレイ
コミックイラスト科 こおりやま風土フェスタ
似顔絵ブース
コミックイラスト科 出逢いのまち逢瀬 キャベツ餅MUSIC LIVE
似顔絵ブース
コミックイラスト科 こおりやま産業博
似顔絵ブース
コミックイラスト科 こおりやままちおこし合戦
似顔絵ブース
コミックイラスト科 郡山ジョブキッズ
似顔絵ブース
学科 企業・イベント
内容
9月 コミックイラスト科 ブリティッシュヒルズ
似顔絵ブース
マンガクリエイト科 NPO法人オハナ・おうえんじゃー広報誌
マンガ制作
音響・ミュージック科 まちなか うたふく
音響担当
音響・ミュージック科 風土フェスタ
がくとくんバンドのギター
音響・ミュージック科 ゴジてれChu!中継
中継補助担当
音響・ミュージック科 騎馬武者ロックフェス
舞台設営
10月 グラフィックデザイン科 大黒屋ボンズクッキー
パッケージデザイン制作
グラフィックデザイン科 福島県議会議員選挙
投票啓発イメージデザイン制作
グラフィックデザイン科 銅版画家 山口啓介氏
映像作品制作
コミックイラスト科 福島ファイヤーボンズ
選手似顔絵制作
コミックイラスト科 個人依頼
結婚式ウェルカムボード制作
コミックイラスト科 けんしん安積店お客様感謝デー
似顔絵ブース
コミックイラスト科 福島ファイヤーボンズ
似顔絵・お面制作ブース
コミックイラスト科 S-PAL郡山
作品展示
コミックイラスト科 アティ郡山
作品展示
コミックイラスト科 ブリティッシュヒルズ
似顔絵ブース
コミックイラスト科 株式会社ユニホームネット
LINEスタンプ制作
コミックイラスト科 植木安里紗
LINEスタンプ制作
コミックイラスト科 ハートフルサタデー献血イベント
似顔絵ブース
コミックイラスト科 K-westハロウィン
似顔絵ブース
コミックイラスト科 三春秋祭り
似顔絵ブース
コミックイラスト科 福島ファイヤーボンズ
LINEスタンプ制作
コミックイラスト科 ヨークベニマル桑野店
イベントディスプレイ制作
声優科 福島県議会議員選挙
ラジオCM出演
声優科 福島県議会議員選挙
テレビCM出演
11月 コミックイラスト科 岡田電気産業イベント
似顔絵ブース
マンガクリエイト科 東大枝健康マラソン
似顔絵ブース
声優科 Black Bottom BrassBand
MCアシスタント
声優科 福島ファイヤーボンズ
場内アナウンス
ペット総合科 あさかホスピタル
ドッグセラピー体験
12月 グラフィックデザイン科 郡山自動車学校
パンフレット制作
CGアニメーション科 中テレ祭り
アニメーション制作
イラストレーション科 磐梯熱海温泉
山車イラスト制作
イラストレーション科 大玉村イベン
似顔絵ブース
コミックイラスト科 こども暮れのつどい
似顔絵ブース
コミックイラスト科 中テレ祭り
アニメーション制作
コミックイラスト科 ヨークベニマル桑名店
イベントディスプレイ制作
コミックイラスト科 アティ郡山
作品展示
コミックイラスト科 福島ファイヤーボンズ
似顔絵・お面制作ブース
音響・ミュージック科 トテチータ・チキチータ上映会
音響・設営
コミックイラスト科 ユニホームネット
パンフレットイラスト制作
2月 グラフィックデザイン科
マンガクリエイト科
インバウント事業
パンフレット・映像制作
グラフィックデザイン科 郡山青年会議所
55周年シンボルマークデザイン制作
グラフィックデザイン科 フェスタ20周年記念
ロゴデザイン制作
イラストレーション科 いわきアフターDC
クリアファイル用イラスト制作
コミックイラスト科 フェスタ20周年記念
イラスト制作
マンガクリエイト科 インバウント事業
マンガイラスト制作
音響・ミュージック科 ガイナックス三春PRアニメ音声収録
レコーディングエンジニア
声優科 ガイナックス三春PRアニメ
キャラクターボイス
3月 コミックイラスト科 福島ファイヤーボンズ
似顔絵・お面ブース
音響・ミュージック科 商店街レンジャー
レコーディングエンジニア
声優科 会津電力教育アニメ
キャラクターボイス

A&D × GAINAX FUKUSHIMA

オンリーワンの教育で
次世代アニメーターを育成

GAINAX FUKUSHIMA
スペシャルインタビュー

在学中から企業・団体と連携して作品制作などを実施し、現場力を身に付ける産学官連携プロジェクト。平成27年より連携をスタートしたアニメ制作会社「福島ガイナックス」のディレクター大谷 美樹さんに「A&Dとの連携内容」や「次世代のアニメ業界に必要な人材」など、お話をうかがいました。
たくさん学び、たくさん遊んでください。
そのすべての経験は必ずチカラになります。
そして、世界で活躍するアニメーターを目指しましょう!

株式会社福島ガイナックス
ディレクター 大谷美樹さん

福島県いわき市出身。絵を動かすアニメの魅力に魅かれアニメーターへ。数多くの有名アニメの作画を担当し、2015年株式会社福島ガイナックスへ入社。現在はアニメーターを育成・指導するディレクターとして活躍。本校でも月2回の特別授業で講師を務めている。

Q

現在、A&Dとはどんな関わりですか?

A

隔週で月2回、アニメに興味がある学生や、プロのアニメーターを目指している学生に対し、実践につながるアニメの知識や技術を指導しています。まだ基礎段階ですが、今後は練習用の原画を使ってどう動かしていくのかを指導し、最終的にはデジタル作画を教え、次世代を担うアニメーターとして通用する人材を育てたいと思っています。

Q

指導する上で気を付けていることは?

A

絵を描く楽しさや絵を動かす楽しさなど、ますは「楽しさ」を実感してもらい、それが将来アニメーターとして仕事をする喜びにつながることを教えています。また、プロとして働く厳しさも教えていきたいです。

Q

A&Dから2人の就職内定者が出て、今、研修を受けていますが?

A

お互いがライバルなので、あえて席を隣同士にして競わせています。2人とも素直でやる気がある人材です。2人から「アニメーターの仕事をしたい」という気持ちと「とにかく絵を描きたい」という強い思いが感じられたので、採用を決定しました。

Q

次世代のアニメーターに必要なものは?

A

絵を描く技術はなくならないと思いますが、今後の業界はデジタル化に移行していきます。パソコンの技術を備えること、コミュニケーション能力も絶対に必要になります。絵が描けてパソコンも使えて、なおかつ、多くの人から刺激を受けて、さまざまな知識や技術を自分の中に吸収できる柔軟性が欲しいですね。

Q

福島県で「アニメを学ぶ」「アニメで働く」魅力とは?

A

東京などの大都市は、学ぶ・働く場所が多いのは確かですが、いろいろな雑音も入りやすいのも事実です。その点、福島県は静かでアニメーターに欠かせない集中できる環境があります。福島ガイナックスのある三春町は一息つける自然にも恵まれています。情報の入手や作品の発表はインターネットで世界とつながります。都会でなくても、充分活躍できる環境があります。

Q

A&Dと関わる中で、感じたことはありますか?

A

学生の皆さんも先生方もとても積極的に行動することに驚きました。外部のイベントに参加し、お客様の「似顔絵制作」を行っていると聞きました。様々な人たちとコミュニケーションを図りながら、技術を磨くことは仕事をする上でとても大切なことです。在学中から絵を仕事にする体験ができることは素晴らしいことだと思います。

Q

今後のA&Dとの連携の目標は?

A

海外にドンドン作品を発信できるような人材を育てていきたいですね。アニメは今後ますます海外とつながっていきます。手描き・デジタル画の両方に対応できるようになれば、海外でも十分通用するクリエイターになれるので、しっかりと技術を伝えていきたいです。

Q

アニメに興味を持つ高校生に一言。

A

スケッチブックを持ち歩いて、見たこと・感じたことをたくさん絵を描いてほしいですね。そしてもっと大切なことは、いっぱい友達を作って遊ぶことです。友たちといろいろな経験をしたり、多くのことに関心を持ってください。それが将来、アニメーターとして絶対必要となる表現力につながります。

「天元突破グレンラガン」 などの制作会社
株式会社ガイナックス

アニメーション制作会社として世界的な知名度があり、「天元突破グレンラガン」やTVアニメシリーズ「新世紀エヴァンゲリオン」、「ふしぎの海のナディア」などを制作。また、最新作TVアニメシリーズでは「放課後のプレアデス」を制作。アニメ制作の他、コンピュータゲーム制作にも取組み、「プリンセスメーカー」シリーズシリーズなどのヒット作品も制作している。

© GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通

福島さくら遊学舎

アニメ制作会社「福島ガイナックス」が新たに開設した、空想とアートのミュージアム福島さくら遊学舎。
他に類を見ないユニークなアニメーションミュージアムとして、テレビアニメができるまでの過程を立体展示した常設展や企画展示スペースのほか、様々な特別展やワークショップを企画・運営しています。子供も大人も一緒に遊んで学べる施設です。

A&Dの目指すもの、想いは?

\「オール福島」で福島の若いチカラを発信したい!/

A&Dの「産学官連携」教育方針とは

平成26年度から始まった文部科学省「職業実践専門過程」の一環で、福島ガイナックスさんとの連携がはじまりました。A&Dでは、アニメに関する学科だけでなく、全ての学科が企業や行政と連携体制を作り、カリキュラムの作成・実習を行っています。ガイナックスさんはアニメだけでなくマンガやゲームなど、様々なコンテンツを作っています。それにより、福島県に今までなかった新産業である「コンテンツビジネス」が誕生しました。この分野は間違いなくこれからの福島のチカラになる。そのために必要である若いチカラを私たちは育成し、業界へ輩出していきたいと思います。

ガイナックスと連携してどのような人材を育成していきたいか?

ズバリ、「アニメを作れる人材」ですが、ガイナックスさんの想いである「オール福島」を作ることに共感しています。地元の若い人材を育成し、アニメーターを輩出し、「この作品はすべて福島で作ったんだ!」と日本だけでなく世界まで伝えたいですね。
ガイナックスさんは、アニメ制作だけでなく、ミュージアムの運営やイベントの運営なども行っています。ですから画力向上だけでなく、人と人をつなぐコミュニケーション能力も身に付けさせていきたいと思います。

コンテンツ業界を目指している方へメッセージ

A&Dはコンテンツ業界の仕事へ直結する学校です。ガイナックスさんとの連携をはじめ、「現場力」を育成できる様々な教育環境が整ってきました。この教育環境を若者だけでなく、その保護者の方にも知っていただきたいと思います。

国際アート&デザイン大学校
学校長 中野寿郎

福島ガイナックスとの連携した特別カリキュラムで、
アニメーション業界を目指そう!!

福島ガイナックスと連携して行われる特別授業は、実際にガイナックスの新入社員に対して行っている社員育成プログラムをベースとした内容で行われる授業なんです!アニメ制作の基礎から、実践で身に付く技法まで、業界最先端の教育が受けられるのはA&Dだけ!その中から少しだけご紹介します!

特別カリキュラム レポート①まずはガイナックスのことやアニメの制作などの基礎を学びました!

  1. 空想とアートのミュージアム福島さくら遊学舎
    武田康廣館長による講演

    武田館長の経歴やガイナックスの沿革、今後のガイナックスの将来像など、お話をうかがいました。

  2. 制作現場の見学

    福島ガイナックスの社員が実際に働いている現場を見学しました!

  3. 福島ガイナックスの社員による
    制作工程の説明

特別カリキュラム レポート②アニメ制作の際に大切な「コミュニケーション」や「時間感覚」について学び、基礎知識・制作工程を学びました!

  1. コミュニケーションと時間感覚を学ぶ
  2. 大谷ディレクターによる講義

特別カリキュラム レポート③前回の宿題だったパラパラマンガの発表・添削を行いました。また、作画に必要な技術を本格的に学びました!

  1. 宿題「パラパラマンガ」の発表・感想
  2. 線を引く実習を行う
  3. アニメ画のトレース練習・添削

イベント運営やインターンでアニメ業界の現場を体験!

  • イベント運営

    福島ガイナックスでは季節毎に地域と連携したイベントを行っており、本校の学生も様々な形で参加し、イベントを一緒に盛り上げております。今年3月に行われた「春の文化祭」では、学生作品の展示や、似顔絵制作、イベントの運営補助なども行いました。

  • インターンシップ

    A&Dの学生たちがインターンシップ(職業体験)として、福島ガイナックスのミュージアム「福島さくら遊学舎」やイベント等の運営補助を行いました。学生たちからは、「アニメ制作現場に近い場所で働く事で、現場の空気を感じる事ができた!」「常にアートに接する職場なので刺激が多かった。」「接客業務をする事でコミュニケーション能力や人間力向上ができた。」など、今後の目標に向けて大きな体験ができたようです。今後は、ミュージアムやイベントの運営補助だけではなく、アニメーション制作にもかかわる業務を行う予定です。

株式会社福島ガイナックスへ2名内定者輩出!!

特別カリキュラムやインターンシップを経て、そして学生たちの努力が実り、福島ガイナックスから2名の内定をいただきました!なんと福島ガイナックス設立後、初の新卒採用という快挙!そんな学生2名から喜びのメッセージをいただきました!

左/鴫原さん・右/山下さん

コミックイラスト科2年 鴫原 りさ さん(尚志高校出身)

Q

アニメーターを目指したきっかけは?

A

小さい頃から絵を描くことがすきで、絵を描くことを仕事にしたいと思ったからです。

Q

インターンシップで学んだことは?

A

アニメーターの基礎として線をぶらさずに描くということです。少しのブレがアニメには命取りになることを学びました。

Q

ガイナックスの特別授業で印象に残っている授業は?

A

見学のときに聞いた、さくら遊学舎の館長さんの講話が印象に残っています。「日本のアニメ文化を、日本だけではなく海外にも発信していきたい」という言葉にとても感動しました。

Q

早期研修ではどんな研修を行っていますか?

A

クロッキーや模写を主に行っています。基礎の技術をしっかり身につけるために頑張っています。ミュージアムのお手伝いもあるので、きちんと両立していきたいです。

Q

今後の目標を教えてください。

A

一番の目標はしっかりアニメーターになることです。福島ガイナックスに内定が決まったからといってアニメーターになれたわけではなく、試験があるのでしっかり合格できるように頑張っていきたいです。これからも、毎日元気に出社して立派なアニメーターなります。

コミックイラスト科2年 山下 優 さん(福島中央高校出身)

Q

アニメーターを目指したきっかけは?

A

アニメを見て育った私としては、アニメは『面白い・熱い・泣ける』などの様々な感動を与えてくれるコンテンツだと思っています。そんな感動を与えられる人間になりたいと思って、アニメーターを目指すようになりました。

Q

インターンシップで学んだことは?

A

ミュージアムの業務を行っている際に、お客様が作品を見て喜んでくれていて、また一層アニメーターとして頑張っていきたいと思いました。絵を描くだけではなく、お客さんと接する大切さや喜びを知りました。

Q

ガイナックスの特別授業で印象に残っている授業は?

A

ガイナックスでアニメーターとして働いている方からのお話です。その人の経験談や仕事上で大切なことなどのお話を聞けたので、アニメーターとして頑張っていきたい私にとってはとても参考になりました。

Q

早期研修ではどんな研修を行っていますか?

A

ひたすら線をうまく描く練習をしています。基礎の基礎の部分なのでここをしっかりやって、早くアニメーターとして活躍できるようになりたいです。

Q

今後の目標を教えてください。

A

一刻も早く先輩のアニメーターさんに追いつくことです。技術もレベルも高いですが、日々の制作を一つひとつ作り上げて追いかけていきます。また「絵を描けるだけの人間にならない」が福島ガイナックスの心得なので、ミュージアムの業務もしっかり行い、また来たいと思っていただける福島ガイナックスを作っていきます。

  • 浅尾芳宣代表取締役から内定式で採用内定書をいただいた
    コミックイラスト科2年山下優さんと鴫原りささん

内定後すぐに早期内定者研修がはじまり、期待と不安がある中、
二人のアニメーターとしての道が動き出しました。

A&D×ふくしまからはじめよう。

福島県議会議員選挙
PR活動で福島県と連携!

福島県選挙管理委員会との連携で、福島県議会議員選挙PRに使用する
「ご当地めいすいくんのキャラクターデザイン」、「ポスターデザイン」、「ラジオCM制作」、「テレビCM制作」を行いました。

『ご当地めいすいくん』デザイン

明るい選挙推進の全国キャラクター『めいすいくん』と福島県の魅力を組み合わせた『ご当地めいすいくん』デザインを
グラフィックデザイン科の学生たちが担当しました。188点の候補の中から8作品が選ばれました。

  • ダルマめいすいくん

    マンガクリエイト科2年
    近内 桃子さん
    (白河旭高校出身)

    白河出身なので地元の有名なものをPRしたいと思い、白河だるまをモチーフにデザインしました。

  • フラガールめいすいくん

    コミックイラスト科2年
    佐藤 叶さん
    (小野高校出身)

    「めいすいくん」に一番馴染む服装を考えた時、フラダンスの衣装だと思い、デザインしました。

  • モモめいすいくん

    コミックイラスト科1年
    栁沼 奏絵さん
    (郡山商業高校出身)

    福島といえば桃だと思い、パッと見るだけで桃だとわかるようにシンプルなデザインにしました。

  • 赤べこめいすいくん

    コミックイラスト科2年
    角田 ひかるさん
    (清陵情報高校出身)

    福島でイメージできるものをいくつか挙げて、一番インパクトの強い赤べこを忠実に再現しました。

  • 滝桜めいすいくん

    コミックイラスト科2年
    木原 浩之さん
    (郡山北工業高校出身)

    福島県の名所を考えた時に三原の滝桜が思い浮かびました。パッと見て桜とわかるようにしました。

  • 白虎隊めいすいくん

    イラストレーション科1年
    赤坂 雛愛さん
    (盛岡南高校出身)

    全国的に人気で有名な「白虎隊」。めいすいくんに白虎隊のイメージを組み合わせる事が大変でした。

    • 野口めいすいくん
    • 野馬追めいすいくん

    コミックイラスト科1年
    室田一加さん
    (いわき総合高校出身)

    福島県といえば、野口英世さんと野馬追が思い浮かびました。ですので、それぞれをモチーフにしてわかりやすくパッと見でわかるようにデザインしました。

選挙啓発ポスターデザイン

デザインした「ご当地めいすいくん」を使用し、啓発用のイメージデザインを制作。そのイメージデザインをメインビジュアルとした選挙ポスターが完成しました。完成したポスターは県内の公共施設や商業施設などに掲載されました。

どのようなデザインにすれば一番
クライアントの考え方に近いのかを
考えながら制作しました。

[デザイン制作]
グラフィックデザイン科2年

佐藤 友伊利さん

(安積黎明高校出身)

選挙ラジオCM

校内でラジオCM案を募集し、プレゼンテーション・選考の結果、ラジオ福島さん・ふくしまFMさんがそれぞれ1案ずつを採用。各ラジオ局のディレクターさんとの打ち合わせで作品の質を高めた後に収録を行いました。なお、ナレーションは声優科の学生が担当しました。

選挙管理委員会の方々へプレゼンテーション
ラジオ福島さん収録現場にて / ふくしまFMさん収録現場にて

選挙テレビCM

「ご当地めいすいくん」がアニメーションとなったテレビCMで、声優科の学生たちがアフレコ・ナレーションを担当しました。

  • 短いフレーズだからこそ、発声や滑舌を意識してアフレコをしました。制作側がどのような声を求めているのかを把握することが大切です。

    声優科1年

    湊 萌々香さん

    (本宮高校出身)

  • 「積極的に選挙に行くべ!」という思いでアフレコに望みました。私たち学生が携わることで、選挙をもっと身近に感じてもらいたいです。

    声優科2年

    関 英雄さん

    (岩瀬農業高校出身)

A&D

H27年度
産学官連携学生作品(一部抜粋)

  • A&D × Firebonds × 大黒屋

    福島ファイヤーボンズ
    公式クッキー
    パッケージデザイン制作

    白河の老舗菓子屋「大黒屋」さんと連携し、福島ファイヤーボンズ公式クッキーのパッケージデザイン制作を行いました。

    バスケの躍動感を意識して制作しました。難しさもありましたが、楽しく制作ができました。 写真左/グラフィックデザイン科2年 佐藤 友伊利さん(安積黎明高校出身) 写真右/大黒屋 古川社長
  • A&D × Firebonds × bf

    福島ファイヤーボンズ
    スイーツイラスト制作

    姉妹校の国際ビューティ・ファッション専門学校パティシエ学科と連携し、福島ファイヤーボンズのスイーツを制作。選手たちの似顔絵を制作し、スイーツのビジュアルを制作しました。

    小さい作品だったので、できるだけシンプルにするように気をつけました。ファンの方に喜んでもらえたら嬉しいです。 コミックイラスト科1年 佐藤葉月さん(尚志高校出身)
  • A&D × Firebonds

    福島ファイヤーボンズ
    公式LINEスタンプ
    イラスト制作

    福島ファイヤーボンズのマスコットキャラ「ボンズくん」のLINEスタンプを制作しました。

    表情を豊かにして使いやすいスタンプになるようにしました。このスタンプを通してさらにボンズくんに親しみを持っていただければ嬉しいです。 コミックイラスト科2年 長島優海さん(福島西高校出身)
  • A&D × JCI

    久米賞・百合子賞作文コンテスト
    ポスターイラスト・デザイン制作

    公益社団法人郡山青年会議所さんからの依頼で
    「久米賞・百合子賞作文コンテスト」の作品募集ポスターのイラストとデザインを担当しました。

    中学校に張り出されるポスターなので、明るく親しみやすくなるようにイメージして制作しました。 コミックイラスト科2年 磯部真弓さん(郡山東高校出身)
  • A&D × UNIFORM-NET

    オリジナルLINEスタンプ
    イラスト制作

    株式会社ユニフォームネットさんの公式LINEスタンプ「あれこれ動く制服図鑑」のイラストを制作しました。

    株式会社ユニフォームネットさんの公式LINEスタンプ「あれこれ動く制服図鑑」のイラストを制作しました。1体のキャラクターから40種類のデザインすることは大変でした。構図などがワンパターンにならないようにしました。 写真左/㈱ユニフォームネット 荒井社長 写真右/コミックイラスト科2年 木原浩之さん(郡山北工業高校出身)
  • A&D × 島田農園 × 大黒屋

    新商品ゼリーの
    パッケージデザイン

    西郷村の島田農園さんが作った薬用野菜「ルバーブ」を白河の菓子店 大黒屋さんがゼリーとして製品化。そしてA&Dではパッケージデザインを担当しました。

    モダン柄とルバーブを合わせることで高級感のあるパッケージデザインになるように工夫しました。 写真左/大黒屋 古川社長 写真中央/グラフィックデザイン科2年 和知渉登さん(白河実業高校出身) 写真右/グラフィックデザイン科担任 高橋先生
  • A&D × CONCERT(コンサート)

    さまざまなイベント・コンサートで音響・照明設営を担当

    県内で行われたさまざまなイベント(オリビア・ニュートンジョンコンサート、松山千春コンサート、騎馬武者ロックフェス、まちなか うたふく、平原綾香コンサート、ベリーダンスイベント)での会場の音響・照明設営を担当しました。

    音響で大切なことは、多くの機材の操作方法をしっかり覚えどんなハプニングにも対応できるように、想定しておくことです。 音響・照明エンジニア科2年 鈴木大樹さん(光南高校出身)
  • A&D × 福島民報社

    ペットイベントでの
    無料トリミングを実施

    「ペットカーニバル」で無料トリミングを実施しました。

    多くの犬や飼い主さんとふれあい、いい経験を積むことができました。 ペット総合科2年 滋賀育美さん(光南高校出身)
  • A&D × TALENT・MODEL(タレント・モデル)

    植木安里紗さん
    LINEスタンプイラスト制作

    タレントやモデルなどで活躍する
    植木安里紗さんのLINEスタンプを制作しました。

    日常的に使いやすいものを40種類考えることが大変でした。植木さんの魅力を表現するために笑顔のスタンプを多くしました。 写真右/コミックイラスト科1年 芳賀葵生さん(郡山商業高校出身) 写真左/植木安里紗さん
PAGETOP